2016年04月: 交通信号機等調整準備中
2016年04月29日

信号機と離れている「感応式」表示板(宮城県大和町)

通常設置だと表示板が隠れてしまう



この信号機は従道側で交通量が少なく、感応式信号機なのですが、表示板が、通常の場所に設置(宮城県の場合、信号機の横に表示板が多い)すると主道方向の信号機に隠れてしまいます。



信号機と感応式の表示板が離れすぎ


どうしても横に表示板を設置したいので、柱の反対側に表示板を設置したようです。そのせいで信号機と離れて違和感があります。
専用アームを使用して表示板が設置されていますが、その専用のアームが長いせいで、余計に離れてしまっています。
もう少しいい方法(信号機の上に表示板を設置)があるような感じですが。。

google mapで、ある場所を見る
posted by きゅう at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の信号機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月17日

取り残された道路標識(宮城県大崎市?)

設置場所がおかしい道路標識


この先「右方屈曲あり」の標識が設置されていますが、




「この先200m」 カーブはすぐにある


「この先100m」


「ここから50m」ここからカーブはなく直線です。

撤去をしていないようです。


前はここからカーブがありましたが、現在は新しい道路ができています。そして新道路は直線道路になって、この標識は不要になっているのです。
最近、新道路が完成したようですので、道路標識の撤去まで手が回っていないのかもしれません。
posted by きゅう at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道路標識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月06日

石巻市の懸垂型信号機(宮城県)

宮城県に多い、集約された信号機


CIMG3933.JPG
宮城県の仙台市に多くある信号機です。仙台市以外だと、大崎市・大和町・石巻市・東松島市・大河原町・亘理町・白石市・角田市に一基ずつあるのを、確認しています。

今回は、石巻市のものを紹介します。石巻市にあるという情報は得ていたのですが、どこにあるのか、わかりませんでした。

珍しく主道方向両方に補助灯器を設置


CIMG3931.JPG

この日の撮影時はこの集約灯器は予定に入っていませんが、なるべく通ったことのない道を行き当たりばったりでツーリングしていたら、遂に見つけました。

CIMG3934.JPG

珍しく補助灯器があります。樹脂製ですね。

CIMG3935.JPG

主道方向は、どちらも交差点手前にカーブがあるため補助灯器を設置しております。

宮城県内の懸垂型信号機は探し尽くしていると思っており、石巻にはもうないと思っていましたが、今回見つけることができ良かったです。

懸垂型信号機をはじめ、これからも新しい信号機をどんどん撮っていこうと思いました。
posted by きゅう at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の信号機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月05日

宮城県某所の角型信号機

宮城県では角型信号機は公道では全滅してしまいましたが、私有地ではまだ残っている箇所があります。

思いっきり逆光ですが、
CIMG3957.JPG

CIMG3942.JPG

CIMG3956.JPG
矢印灯器が古いタイプです。

CIMG3952.JPG

CIMG3944.JPG

銘板が塗りつぶされて見えないし角型信号機は詳しくないのでどこの会社かはわかりませんが形状的に京三製のものと思われます。
(主道方向が250oレンズ+矢型矢印で従道方向が200oレンズの角形灯器でした。)


追記、さすがに画質があれなので撮り直そうと思ったら、更新されていました。

posted by きゅう at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古っぽい信号機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする