2016年08月: 交通信号機等調整準備中
2016年08月31日

日本一車線数が多い道路の場所(全国各地)

日本の道路の中で、交通量が多く車線が異様に多い場所があります。
そのなかでも日本一車線が多い場所をピックアップしました。

日本一は片側8車線



日本で一番の車線数は8車線です。この8車線は複数の場所にあるようです。

※今回は、片側の車線、同方向に進行する車線のみです。(分離帯で分かれている等はカウントしません)


大阪府の国道25号線


まずは大阪府大阪市中央区の国道25号線御堂筋


阪神高速から撮影しました。

車線を数えていくと、8車線あるのが分かると思います。
8車線の一方通行路で、通常一方通行といえば、狭い道路の印象なので、すごく圧巻です。


宮城県の国道4号線


次は宮城県仙台市宮城野区の国道4号線仙台バイパス


地上から撮影したので、道路標示は見えづらいですが、進行方向別通行区分の標識で8車線あるのがわかると思います。

通常の十字路交差点ですが、右折レーンが3車線もあると、どこの右折レーンに入っていいか迷います。

8車線は広い


私が確認している日本一の車線はこの2か所です。

もしかしたら、他に8車線があったり、それ以上の9車線や10車線道路もあったりして?

posted by きゅう at 16:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 道路標識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月29日

道路標識 ちょっと変な標識集(宮城県各地)

違和感がちょっとある道路標識(宮城県)




突発的に作った動画(暫定版)

今回は最近撮影したものではなく、前撮影した道路標識のファイルを一通り引っ張り出して動画を作成しました。
しかし、前撮影した動画や画像は、整理をまったくしておらず、私の別趣味とごっちゃになっており、数千数万の画像のデータから特定の写真をさがすのは困難なので、とりあえず一部をこの記事で紹介します。

自転車は?



「歩行者用道路」
「 こ こ か ら 」
自転車のマークがあるのに歩行者用道路だとなんか自転車が通っていいのか迷います。



普通は「自転車通行可」等の補助標識が使用されます。

でも昔は「歩行者用道路」も結構使用されていたらしく、ちょっと前まで「歩行者用道路」にテープを貼って隠しているものも多くありました。
テープで隠したものも撤去を進んできて、宮城県では貴重になってきています。

なんかさみしい学校ありオリジナル標識




学校、幼稚園、保育所などありの道路標識は、地域オリジナルのものが多い標識の一つです。
男の子と女の子のペアが描かれているのが大半ですが、この標識は一人しかいません。

旧バージョンの標識は男の子と女の子の二人です。


(横断歩道あり道路標識の色違いにしか見えない)

こっちのほうがいいじゃんとおもったが問題があるようで、


(※現在は全国標準の標識に交換ずみ)

月日が経つと女の子が消滅する。


なんか女の子が交通事故で亡くなって、男の子が独りになったようでなんか嫌です。
しかも新標識が、女の子自体描かずに男の子独りになってなんかさみしいのは私だけ?
(女の子を赤色にしなければいいだけなのに)

ちなみに男の子独りバージョンが設置されてすぐに全国標準の標識に移行されたようで、男の子独りバージョンは全然設置されていません。
(このオリジナル標識は随時、全国標準のものに交換しているようです)

不親切な中央線変移


いつだかの一定期間にあったものです。



中央線 7-10 10-7 これだとパッと見、どっちが中央線か分からないような気がします。

写真だと、7時から10時が左の中央線で、10時から7時が右の中央線です。



しかも、他の地域では、通行帯上部に通れるか通れないかを○や×で分かりやすく表記しているのに、ここでは中央線の標識以外に目立ったものがなくとても不親切です。

※現在、ここの中央線変移は廃止され、中央線は固定されています。


と、一部を紹介しましたが、写真の整理が終わりしだい正式版の動画を公開したいとおもいます。


「終り」
posted by きゅう at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道路標識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする