信号機と離れている「感応式」表示板(宮城県大和町): 交通信号機等調整準備中
2016年04月29日

信号機と離れている「感応式」表示板(宮城県大和町)

通常設置だと表示板が隠れてしまう



この信号機は従道側で交通量が少なく、感応式信号機なのですが、表示板が、通常の場所に設置(宮城県の場合、信号機の横に表示板が多い)すると主道方向の信号機に隠れてしまいます。



信号機と感応式の表示板が離れすぎ


どうしても横に表示板を設置したいので、柱の反対側に表示板を設置したようです。そのせいで信号機と離れて違和感があります。
専用アームを使用して表示板が設置されていますが、その専用のアームが長いせいで、余計に離れてしまっています。
もう少しいい方法(信号機の上に表示板を設置)があるような感じですが。。

google mapで、ある場所を見る

記事のピックアップ

道路案内標識が大雑把すぎる

スポンサードリンク

記事
    posted by きゅう at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の信号機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック